【書評】気が向いたら開いて読める、肩の凝らない美容本『読む美容辞典』

美容に関する悩み尽きず、色々な本を読み漁っています。

夜眠りにつく前にも本は読みますが、そんなときにも気軽に手に取れる美容本がコレです。

著者は濱田マサルさん。

女性誌やCMを中心に活躍するヘアメイクアップアーティストです。

美容辞典とありますが、1ページに1つ美容に関するメッセージが書いてあります。

たとえばこんな感じです。

171 美容に手間暇、お金をかける事はいちばん、裏切りのない投資です。

172 コンプレックスはキレイのタネ。(「美容辞典」より)

全部で202のメッセージがこの本に書いてあります。

言葉は一行の短い文章から、1ページびっしり書いてあるものもあり、そのどれもがぐさっと心にささる、自分を叱咤激励してくれる言葉で埋められています。

キャッチフレーズに「読む」だけで背筋が伸びる!美意識が上がる!

と書いてありますが、まさにその通り。

この本を読んで癒されることは決してありませんが、メイクや肌のお手入れをさぼっているときに読むと、活をいれてくれます。

今の時期はこんなメッセージがあります。

43 春先から夏にかけて「元気な薄曇り」が意外といちばん焼ける。

日焼けに注意しろってことですよね~

 

毎日毎日美容のことは考えていられないし、本1冊を読み切るのも大変な時もありますよね。

わたしはあります~

そんな人に、この本はぴったりです。

どこから読んでもいいので、眠りにつく前にぱっと開いたページを読んでもいいし、トイレで読んでもいいですよ。笑

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村