【書評】掃除のモチベーションアップに『ネコちゃんのスパルタおそうじ塾』がおすすめ

師走に入りましたね。

年末の大掃除の時期です。

雑誌やテレビ番組でも掃除の特集をチラホラ見かけます。

わたしは料理を作るのは好きですが、掃除はどうも苦手。

わかっちゃいるけど、腰が重い・・・。

来客が来ないと掃除のモチベーションも上がりません。

うちは夫婦二人なので掃除は共同作業ですが、おたがいに相手が動き出すのを見計らっています。

そっちが動くなら、こっちも動くけどね、という感じ。

だからいっこうに進まない。

普段は我慢くらべです。

耐え切れなくなった方が掃除機をかけます。笑

そして掃除機をかけていない方が床をふきはじめます。

いや、いけない!

今年こそ年末にバタバタしたくない~

やる気を出すために本を買いました。

「ネコちゃんのスパルタおそうじ塾」です。

飼主の汚部屋をみかねて、ねこちゃんという名前の飼い猫が人間の言葉を取得して、掃除に口を出すようになるマンガです。

ネコが先生になって掃除を指南してくれるなんて、ネコ好きにはたまらない。

でも、顔はかわいいのに教え方は厳しい。ツンデレですね。

わが家にもこんなネコがいてくれれば・・・。

ネコに叱られながら掃除をしたい(わたしはMか?)

本を読んでほっこりし、掃除をした気分になっています。

いくら読んだって自分の家がきれいになるわけではない。

はあ~体を動かさねば・・・。

関連記事>>>絵本「ネコヅメのよる」

 

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆