【書評】50代からの洋服の選択に役立つ本、地曳いく子さんの『服を買うなら捨てなさい』を読みました

わたしは、5年前に引っ越しをして、洋服をたくさん処分しました。

しかし、いつまにかクローゼットには洋服がたくさんつまっています…

洋服って増えるのは簡単ですが、減らすのが難しい。

そんな思いをスパッと断ち切ってくれる本が、この地曳いく子さんの『服を買うなら捨てなさい』です。

著者は1959年生まれで、わたしと同じ年代。

キャリア30年を超える雑誌やテレビで活躍するスタイリストさんです。

若い人の断舎離の本も役に立ちますが、50代のわたしには、地曳いく子さんのおっしゃることに共感し、腑に落ちることが多々ありました。

なるほど~と思ったことを、少し紹介します。

化石化するファッション

今の自分に合った、今の空気を体現している「今の服」を着続けるここと。それが、若い気持ちを持ち続けることであり、「若さ」なのです。

 

当時似合っていたからといって、いつまでも若いころに着ていた洋服を着ても、「昔の若い人」となり「化石」になってしまします。

かといって、若い人の今のファッションを着ても似合わない~

50代なら50代の「今のファッション」を考える、ということですね。

でも、それが難しいんですよね~

現在、模索中です。

 

セレブやブロガーが服をたくさん持っているのは、彼女たちがおしゃれを職業にしている「プロ」だからです。中略 日常のリアルなファッションには実際、それほどたくさんの服は必要ないはずなのです。

実際、おしゃれな人はワンパターン。

そのワンパターンこそ、その人の「スタイル」だと著書は言っています。

パンツが好きで似合う人は、無理してスカートをはく必要はない。

わたしはパンツもスカートも好きですが、流行っているという理由で、無理してあれもこれも着こなす必要はないんですね。

ワンパターンでOK!それが「スタイル」になるんですから。

買ってはいけない服のポイント3点
(1)条件付きの服
(2)大物の「差し色」はいらない
(3)今の時代「一生もの」はありません

これ、わたしに当てはまります~

(1)条件付きの服

「痩せたら着よう」「二の腕が細くなったら着よう」と買った服は、永遠とクローゼットに眠ったままです。

(2)「差し色」=アクセントに使う色は小物で十分

「たまにはこんな色もいいかも」なんて、買ってしまった鮮やかな赤のトップスやボトムス。

着る機会がありません・・・

また、靴を差し色にするのは、かなり難易度が高いテクニックです。

わたしが持っている、赤いヒールの靴や黄色の靴などは、出番を失ったまま…

結局、履くのは黒などのベーシックな色。

自分が身に着けて、落ち着く色が一番です。

差し色の冒険は、ストールなどの小物で。

 

(3)今の時代「一生もの」はありません

わたしが「一生もの」といって、ボーナスをはたいて買ったバーバーリーのトレンチコート2着。

まさに、これが失敗です。

バブルのころに買ったので、肩パットが入って肩幅が大きく、袖も太い。

今のシルエットではありません。

お直しに数万円かけても、やっぱりシルエットが違います。

泣く泣く処分~

まだまだ、著者の辛口トークはつづきますが、プロとしての経験と実体験をもとに、50代のファッションのあり方をリアルに、そして明快に指南しています。

洋服の断舎離を考えている方、50代から洋服は何を基準にすればいいのか迷っている方には、同世代のスタイリスト、地曳いく子さんの本は一見の価値ありです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村