50代からの関節のこわばりの対処法(1)

最近まで五十肩に悩んでいました。

3年前から磁気を貼ったり、枕を替えたり、筋膜体操にもトライ。

果てはTV番組で紹介された「ゾンビ体操」なるものをやって、周囲から不気味がられたり・・・。

病院へも行きました。

結果「とくに異状なし。加齢の症状ですね」のひと言。

なんでも加齢にされるのよね~。

自分でも「年だからしょうがないのかな」とあきらめていた矢先

今度は指の関節のこわばり。

朝になると中指が折れたまま戻らない。

トホホ・・・

最初、関節リューマチかと思い整形外科に診てもらいました。

血液検査やレントゲンを撮って・・・結果「異常なし」

これもまた「加齢の症状ですね」のひと言。

傷み止めの薬や湿布を処方せれても、根本的な解決方法にはなりません。

同じ年頃の知人は、手外来のある整形外科で診てもらいました。

診断は「ばね指」。

やはり更年期の女性に起こることが多いそうです。

手の腱鞘内に麻酔入りのステロイド注射をする治療法。

友人の場合は2~3日で傷みが止まり、今はまったく問題ないとのこと。

わたしの場合は痛まないし、しばらくすればもとに戻るし、ステロイド注射はイヤだなあ・・・。

そこでネットでリサーチ。

更年期の知恵という記事でこんな特集を見つけました。

『更年期世代の手指の不調。初期症状段階からの治療が始まっています』

更年期の女性はエストロゲンが急激に減るため、手指の変形性関節症発症も起こりやすいとのこと。

じゃあ、エストロゲンを摂取したい!

エストロゲンに類似している大豆から抽出した、「エクオール」という成分が入ったサプリメントを試してみることにしました。

いくつかのメーカーから発売されています、

わたしは大塚製薬のエクエルを購入。

1日4錠を水と一緒に飲む。

するとなんと、3日後に肩コリがなくなっている!

首から肩にかけて、おんぶお化けを背負っていたような重さが消えている!

指のこわばりを治したいと思って飲んだサプリが、なぜか肩コリに効きました。

しかし、指の関節のこわばりは治らず。

まあ、それでも効いたのだから結果オーライですね。

人それぞれ違うので、効き方はさまざまです。

でも母親のころと違って自分でなんでも情報は得られます。

あきらめないで、できることは試すのもアリかなと思いました。

さて、引き続きこれからも指のこわばりを治すためのチャレンジはつづく・・・。

関連記事>>>森永製菓「おいしいコラーゲンドリンク」を飲んでみました

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆