【書評】50代になって、髪の悩みはどうすればいいとお悩みの人におススメ!『大人の「品」は艶髪でつくられる』

50代になって、いろいろな変化が身体に起きています。

とくに、外見で目立つのは「髪」です。

最近、気になる髪の悩みを挙げてみました。

・白髪

・ハリやコシがなくなる

・パサつく

・うねる

・薄毛

う~ん、50代の髪お手入れは、どうすればいいんだろう?

そんなとき、『大人の「品」は艶髪でつくられる』というタイトルの本を発見。

気になって、購入しました。

この本に書いてあること

顔よりも、体型よりも、メイクやファッションよりも、人を印象づけるのは髪である

たしかに、他人の髪型や髪の色が気なります。

髪って、年齢がダイレクトに「見える形であらわれる場所」ですよね。

大人の女性の髪に重要なことは2つ

・艶があること

・トップにボリュームがあること

艶とボリュームがあればワンランク上の大人の女性になれるとのこと。

で、どうすればいいの?

その方法が、『大人の「品」は艶髪でつくられる』には、いろいろ書いてありますが、いますぐ実践できることを1つ紹介します。

ブラッシングを習慣にする

ブラッシングは、手軽にできて一番大事な髪のケアです。

まずは、1日3回のブラッシングを習慣にする

1.汚れを落とすシャンプー前のブラッシング

さっそく、お風呂に入る前にブラッシングを実践してみます。

ブラッシングをすると、洗うときに髪がからまりにくくなり、汚れもとれます。

洗っている最中、髪の指通りがいいと実感できます。

2.表面を整えて艶を出す朝のブラッシング

力まかせに、無理やりひっぱらないのがコツ。

天然の皮脂を行きわたらせるため、根元からブラシを通します。

3.ボリュームアップするブラッシング

髪と髪の間に空気を含ませるように、ブラッシングします。

いつも分け目と逆方法にブラッシングも効果的。

髪が根元から立ち上がって、ボリューム感がでてきます。

ブラシは、高価なものは必要ないとのこと。

消耗品なので、すぐに買い換えて、新しいブラシを使う方がいいそうです。

毎日のブラッシング、頑張ってつづけてみます。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆


にほんブログ村