髪を乾かす時間を短縮できる便利アイテム「ヘアドライグローブ」

髪のダメージを防ぐ方法は、洗髪後すばやく髪を乾かすことです。

塗れたままや半乾きのまま寝てしまうと、摩擦で髪のキューティクルを痛める原因になります。

それに髪にコシがなくなってきたので、完全に乾かしてふんわりさせたい!

が、しかし

髪を乾かすのって面倒なんですよね~

髪の水分をとるのに、タオルを2枚ぐらい使ってしまいます。

そんなとき、ドン・キホーテでいいものを発見しました!

コレです。

手ぶくろ型タオルの「ヘアドライグローブ」です。

値段はなんと99円!

発見した場所は、お店の入り口前。

ワゴンに大量に置いてありました。

色はピンクとベージュの2種類。

とりあえず、ベージュを2個購入しました。

 

ヘアドライグローブとは?

ヘアドライグローブとは、片手にはめて濡れた髪を拭きながら、もう片方の手でドライヤーを当てることのできるヘアタオルです。

生地はマイクロファイバーなので、水分をどんどん吸収してくれます。

タオルのようにゴシゴシこすらなくても、なでるだけで水分を吸ってくれるので、髪にもやさしいですね。

サイズは大き目です。

男の人でも余裕で入るので、小柄な女性の手には少し大きめかもしれません。

でも、細かい作業をするわけではないので、髪を触る程度なら大丈夫です。

外側も内側もふわふわと柔らかい素材なので、手や髪にストレスも感じません。

ヘアドライグローブの使い方

使い方は簡単です。

片手にグローブをはめて、片手でハンドドライヤーを持って乾かしていきます。

グローブで髪をなでて水分を吸わせたり、毛束をぎゅっとつかんだりして乾かします。

いつも髪を乾かすときは、タオルがびっしょりになっていたのですが、このグローブは髪をふいても、タオルのように濡れてびしょびしょにはなりません。

また、グローブをしているので、手に直接ドライヤーの熱風が当たることなく、手の乾燥も防げます。

ネットで調べてみると、ダイソーで売られている100円の商品から4,000円以上の高級なタオルの商品までありました。

わたしはこのドンキの「ヘアドライグローブ」の使い心地に満足です。

99円以上の働きをしてくれていますね。

さらに買い足そうか、思案中です~

関連記事はこちら>>>『なぜか美人に見える人は髪が違う』を読んでみました

関連記事はこちら>>>『大人の「品」は艶髪でつくられる』を読んでみました

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村