手のケアは、ハンドクリームの頻度と量で予防重視です。買って良かったおすすめハンドクリームベスト3を紹介します

寒くて乾燥する時期が続いていますね。

そのうえ、家事やウィルス予防の手洗いで手も荒れがちです。

手は首とならんで、年齢が出やすいところなので気になります~

ささくれになると修復は難しいので、手に関しては予防重視をこころがけています。

わたしは、以前テレビで紹介していた、手のモデルさんが実践しているケアを参考にしています。

手のモデルがやっているケア

1.外出するときは必ず手袋をする

2.家の各部屋に1つハンドクリームを置いておく

3.手が濡れたあとは、タオルでゴシゴシこすらない。摩擦がおきにくい、やわらかい素材の布で押さえるようにふく

4.水仕事や家事は、すべて手袋をする

5.化粧水をうすめて、スプレー容器に入れたものを常備し、定期的に手にぬりこむ

5.湯船に浸かるときは、両手はお湯から出す。これは角質がふやけて水分が蒸発するのを防ぐため

がしかし、全部は無理~(T_T)

ということで、2と4を実行しています。

キッチン、洗面所、寝室、化粧する場所、バッグ、職場にハンドクリームを置いています。

ズボラなわたしは、これだとすぐにハンドクリームを手に取れるので便利です。

数と量を使うので、お値段が手ごろで効果のあるものを調べて試した結果、

以下の3つを使っています~

おすすめハンドクリームベスト3

 

1.「アトリックスハンドクリーム(チューブタイプ)」は、、雑誌LDKで2018年1位になったハンドクリームです。

使っているのは缶タイプのコレです。

塗ったあとに手がべたべたしないので、職場やキッチンに最適。

うるおい成分:セラミド・カモミールエキス・月下草エキス

香りも微香性で、塗っているときほんのり香る程度です。

パッケージが変わりましたね。

2.「ユースキン」はわたしの大定番商品。

「ひび・あかぎれ・しもやけ」に効果があります。

塗るときは、「するん」とするまでしっかりすり込むのがコツ。

有効成分:ビタミンE・グリチルレチン酸

うるおい成分:ヒアルロン酸・ビタミンC

寝室において、手を含めて全身に塗ります。

3.「Q10ハンドクリーム(チューブタイプ)」は、雑誌LDKで2019年の1位になっているハンドクリームです。

使っているのはポンプタイプのコレです。

有効成分:マイクロ型高純度コエンザイムQ10・ローヤルゼリー・カミツレエキス・ワセリン

テクスチャーが白い乳液に近く、塗った直後はかなりしっとりします。

パソコンやスマホを扱うときは、ちょっと時間を置くといいです。

それくらい保湿力は抜群。

 

最後に大事なのが、水仕事をするときはゴム手袋を使うこと

実は、これが一番面倒です。

我が家は食洗機がないので、食器を洗う頻度が多い~

いちいちゴム手袋をするのは大変だなあ・・・と思っていると、あの君島十和子さんが、インタビューで語っていました。

さすがです。

わたしも無理せず、がんばります!

 

関連記事はこちら>>>50代のくちびるケアにおすすめのリップクリーム

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆


にほんブログ村