アラフィフの温活!湯たんぽがおすすめ

寒さが厳しくなってきました。

お風呂から上がったら、温かい身体のまますぐにベッドに入りたい。

でも、だらだらテレビを見たり、明日の準備をしたりとすっかり冷え切った身体でベッドにもぐりこむのがほとんどです。

そんなとき、湯たんぽをお風呂に入る前に布団に入れておきます。

夫とわたしで2つです。

見た目もかわいいし、やわらかいPVCの材質が気に入っている、fashy(ファシー)社の湯たんぽ。

柔らかいので膝に置いてもいいし、床に置いて足を乗せてもいい優れものです。

カバーも替えられて、かわいいデザインがいろいろあります。
この湯たんぽのおかげで布団に入ったとたんに感じる、あのヒヤッとした感触がなくなります。

ぽかぽかと幸せな気分。

今日も寒い~。

早く温かい布団にもぐりこみたい。

夫は珍しく先に就寝中。

そして布団入った途端、足元に氷のように冷たい感触が・・・

「冷た~い!! 何これ!?」

布団をはがすとシーツが濡れているじゃありませんか。

わたしの声に隣で寝ていた夫も目を覚ましました。

もちろん、尿漏れじゃありません!

湯たんぽのお湯漏れです。

原因はお湯の入れすぎと空気を抜かなかったことによるふたの部分のゆるみでした。

それにしても・・・

ひどーい。

まだそれは早いんじゃない?

そんなアクシデントもあるので取扱いにちょっと注意すれば、毎晩温かい気持ちで眠りにつくことができます。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆