【書評】犬走比佐乃さんの『大人のおしゃれのエッセンス』で上質な大人ファッションを見直す

大人のファッションってなんだろう?

50歳を過ぎて、いつも意識することは、「若づくり」に見えないこと。

私の場合、一番変わったのはスカート丈です。

膝を出すスカートはもう履かなくなりました、いや履けなったというべきですね。

膝にお肉がついてきて、シャープに見えなくなりました。

でも、ロングスカートが流行っているので、いろいろな膝下のスカートを楽しんでいます。

スカート丈もそうですが、あらためて自分に似合う大人のファッションをあれこれと探している感じですね。

スタイリストの犬走比佐乃(いぬばしり ひさの)さんの『大人のおしゃれのエッセンス』は、そんなアラフィフ以上の女性に向けて「大人のファッション」の基本を知ることのできる、とても役立つハウツー的な内容になっています。

美しいブルーは5歳若く見える

この本のサブタイトルは「美しいブルーは5歳若く見える」で、表紙は目の覚めるようなブルーです。

ブルー好きのわたしは、この表紙の色に惹かれて手に取ってしまいました。

こんな目の覚めるブルーのブラウスが欲しいですね~

このブルーの意味は、「わたしはこの色しか似合わないと決めつけないで、いろいろな色に挑戦してほしい」という意味をこめています。

犬走比佐乃さんは1956年生まれの現在も雑誌やテレビで活躍されているスタイリストさんです。

60歳を超えているんですね。

びっくりするほどの若々しさです!

その長年勤めているファッション業界での経験がこの本に生かされています。

とくに、洋服のサイズや自分の体形に合わせる着こなし方について丁寧に解説されています。

ほかのスタイリストさんの本は、洋服のコーディネートに重点を置いていたり、自分の好きなアイテムを紹介する内容が多いのですが、犬走比佐乃さんの本は自分に合う洋服の探し方を教えてくれます。

今までなんとなくわかっているつもりの知識も、改めて犬走比佐乃さんの書かれたものを読むと腑に落ちるものがたくさんあります。

たとえば、

・「わかづくり」と「若々しさ」は別物

・「地味」と「シック」は違う

・「シンプル」「ナチュラル」は年齢が上がるにつれて難易度が上がる

・大きめは太って見えるので、今どきのジャストサイズを選ぶ

・関節が意外に目立つので気づかれる前に隠してしまいましょう

などなど

本の最後には、スタイリストさんならではのちょっとした工夫や知恵も載っていてお役立ち情報も満載です。

読後の感想

トレンドを追ったファッションコーディネートを期待するとはずしますが、アラフィフにとってどんなファッションが必要かを知るには格好の本です。

ただ、もう少し洋服の写真も見たい気はしました。

面白いのは「老け感につながるコーディネート」として、ダメな組み合わせも写真でちゃんと載せているところです。

ファッションをあまり意識していなかったアラフィフの人が手に取る、最初の本にぴったり。そして大人のファッションを見直したい人にも最適な本です。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村