【書評】50代の美のカリスマ、君島十和子さんの『十和子道』

郷ひろみさんが、あるインタビューで「変わらない秘訣はなんですか?」と尋ねられ、こう答えました。

変わらない秘訣は、変わり続けることです。

深いです~。そして真実ですよね。

さすが永遠のアイドル、ひろみGO!

年齢とともに、少しずつマイナーチェンジして、変わらない容姿を保っているんですね。

そして、その王道をいく50代の女性といえば、この人「君島十和子」さんです。

50代になっても、輝く容姿を保つ秘密はなんだろう・・・『十和子道』にはその秘訣が紹介されています。

いくつか紹介しますね。

50歳で必要なのは【効く色】

大人の肌と色は、ちょっとドキリとする「効く」色と「浮く色」。「色を使えばもっと若々しくキレイでいられるはずです」

40歳を過ぎたあたりから、肌のくすみが気になりますよね。

そんなとき、オレンジ・ブルー・黄緑などのビビッドな色を着ると、気分が晴れやかになり、肌がくすまずキレイに映えます。

何より一番肌映りのいい色は【ピンク】です。

(『十和子道』より)

やっぱり、そうなんですね~。

わたしも最近ピンクの服を着るようになりました。

十和子さんは、コーラルピンクも良いとすすめていますが、わたしには合わなかったです・・・顔色やヘアカラーにもよりますね。

でも、必ず合うピンクは見つかるので、鏡をみてチェックします。

わたしはビビッドな明るい色や桜色がいいようです。

十和子流の美髪ケア

①髪②肌③器量と、髪の大切さを語っています。

50代になると、普通の女性はストレートのロングヘアは難しいヘアスタイルになります。

エイジングにより、白髪・薄毛・うねり・かさつきなどが出てくるからです。

写真をみると「美しい」の一言です~

重要なのは【頭皮】なんですね。

ブラシで、毎日ブラッシングは欠かさないのが美髪の秘訣です。

でも、ひとつ疑問がありました。

白髪のことは書かれてなかったんですね。

十和子さんは白髪はないのだろうか?

わたしはこれで悩んでいますから、十和子さんはどうしているのか、気になります。

年齢肌にセルマッサージや美顔器は不要です

これにはびっくりしました。

てっきり、美顔器を使ったり、顔のマッサージをしたりと、顔のお手入れは入念にやっていると思っていました。

十和子さんは、肌にたいして

・こすらない

・押さない

・叩かない

を徹底しています。

シワはこすってもとれないが持論のようです。

なるほど~

わたしはローラータイプの美顔器を持っていて、気が向くと顔にごりごりと当てていました。

これからは考えないといけませんね。

…とまだまだ、美の秘訣がいっぱい書かれていて、ここでは紹介しきれません。

この本は、リビング、キッチン、冷蔵庫の中まで写真で紹介されていて、君島十和子さんの「ライフフスタイル」をすべて公開しています。

ここまで明かすなんて、十和子さんは太っ腹です。

十和子さんのファッションやメイク、ヘアスタイルは、好みもあるので好きな人と嫌いな人に分かれるかもしれません。

でも、50代になっても美を追求し、変わり続ける努力を拝見すると、自分のモチベーションもアップします。

これを読むと、「わたしも頑張らないと~」という気持ちになる本です。

 

関連記事はこちらから>>>アラフィフになって似合うと言われる色

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村