海の幸を食べに伊豆をぐるっと1周してきました。ガイドブックに載っていない穴場を紹介します【前編】

建国記念日の3連休を利用して、南伊豆へ行ってきました。

今回は、一泊二日で伊豆半島をぐるっと一周しています。

目的は【海の幸】をお腹いっぱい食べる旅です。

最初に休憩で立ち寄ったのが、神奈川県の小田原市、「小田原」のパーキングエリア。

朝早かったので、ちょっと薄暗いですね。

施設は小さいですが、ここに来ると必ず食べるものがこれです。

「アジの唐揚げ」です。

カリッとして、あっさりとした塩味が美味しい。

税込で180円というお値段も、お手頃です。

さあ、ここから海の幸を堪能する旅スタート。

次は「熱海」に到着です。

関東は雪の情報が出ていましたが、熱海は薄曇りという感じでしょうか。

昔は閑散としていた熱海ですが、最近は復活してきましたね。

そして、熱海といえば、「貫一とお宮」の像です。

熱海まで来ると、早咲きの「大寒桜」が咲いていました。

キレイです。

 

次の休憩は、道の駅『伊東マリンタウン』

残念ながら、早すぎてお店は開いていませんでした~(AM9時開店)

以前、3回ほど利用していますが、お土産やさんや、食事するお店がたくさん入っているので、お店選びに迷ったら、立ち寄ってみてください♪

駐車場も広く、車やキャンピングカーがたくさん駐車できます。

 

ここから、伊豆高原の「大室山(おおむろやま)」に行ってみました。

さすがに、桜の見ごろには早すぎました・・・が、何本かは既に満開でした。

桜の季節には、おススメの場所です。

 

次に向かったのが、稲取港の朝市。

毎週・土日祝日の午前8時~12時まで開催しているということで、行ってみました。

会場は、稲取港の目の前の東伊豆町庁舎駐車場の1階です。

金目鯛などの魚介類はもちろんのこと、地元でとれた野菜や果物などが売られています。

ここでは、金目鯛を出汁でとったお味噌汁が無料で飲めます~

寒かったので、体がぽかぽか温りました。

金目鯛の釜めしが750円で食べられるので、今度行ったら食べようと思います。

お店の人が、サービスで「磯のり」をお味噌汁に入れてくれました。

それがあまりに美味しいので、お土産として購入。

3個で1,000円(税込)です。

他のお店よりお買い得でした。

 

お昼は、下田に立ち寄りました。

パーキングは有料の場所もありますが、ペリーロード近くの「下田公園」は無料なのでおススメです。

下田は、日本史でおなじみの「ペリー率いる黒船が来航した場所」。

江戸時代はここに黒船が来航したんですね~

下田は、金目鯛の水揚げ高が日本一とのことなので、お昼は下田駅前、徒歩1分というアクセスがよく、ネットでも評価の高かった『魚河岸』へ行きました。

頼んだのは、「お刺身と金目鯛の兜煮の定食」です。

金目鯛の兜煮は甘辛い味付けで、ごはんが進みます。

お刺身は9点、ボリュームがあって、新鮮でした♪

 

食後は下田を散策。

特に、ペリーロード周辺はレトロな街並みが素敵です。

古民家が立ち並んでいます。

 

お土産は下田で、創業大正十一年の『日新堂菓子店』へ。

故三島由紀夫が、昭和39年から例年、下田で過ごした夏のバカンスで好んで食べていたという有名なマドレーヌとレモンケーキを買いました。

しっとりとした、クラシカルなマドレーヌです。

レモンケーキもスポンジがふんわりして、美味しくいただきました。

 

そのあと、あんパンが有名だというやはり老舗の和菓子屋さん『平井』へ。

あんパンは5種類ありました。

桜あんパンは売り切れ(T_T)

こしあんパンは食べてしまったので、写真は、牛乳あんパン・ラムレーズン味の大人のあんパン・粒あんパンの3種類です。

特に「牛乳あんパン」は、中にあんこと生クリームが入っている、看板商品。

甘さ控えめで美味しかったです!

どれも200円前後の値段です。

お腹がいっぱいになったあとは、本日泊まる宿泊先へ出発です。

では、南伊豆宿泊編は次回になります。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村