洋服のコーディネートに困ったら色を絞り込む

基本の色を決めておく

世の中に色はたくさんあります。

が、しかし

自分のクローゼットを見ると、見事に白・紺・青・水色・グレーと同じ色ばかり。

好きな色なので、買う洋服もついこの色味になってしまうんですね。

最近はここにピンクも入ってきました。

でもこれは、毎日のコーディネートには便利な方法なんです。

わたしにとって「白・紺・青・水色・グレー・黒」は、洋服のどの組み合わせでもほぼ失敗がありません。

朝起きて、適当にぽんぽん組み合わせても、どうにかなる色合わせになっています。

今朝の組み合わせです。

Tシャツ:ユニクロU

スカート:GU

ボーダーセーター:ユニクロ(イネス)

帽子:しまむら

スニーカー:ユニクロ

ただ、ピンクや赤や黄色など鮮やかな色が好きな人もいますよね。

その場合、差し色で好きな色を合わせると、アクセントになります。

小物やアクセサリーで使うのがおススメです。

ベースにする基本色は「白・紺・茶・ベージュ・グレー」にすると、組み合わせも楽で失敗もありません。

ほかに好きな色があれば、それを加えます。

わたしの場合は水色ですね。

困ったらワントーンで揃えるのもおススメ

どうしても着ていく組み合わせに迷ったら、1色に揃えてしまいます。

ワントーンのコーディネートです。

ワントーンはグラデーションでもいいですね。

大人の女性におすすめのワントーンコーディネートはグレー。

わたしの好きな白やピンクと相性抜群です。

ただ、鮮やかな色のワントーンコーディネートは、難易度が高いので避けた方が無難です。

カズレーザーさんになってしまいますから~

迷ったら、白・紺・茶・ベージュ・黒のどれか1色を使うと失敗はないですね。

わたしの場合、最近黒1色のコーディネートはしなくなりました。

若いころより顔の輪郭がぼやけてきたので、強い色の黒は合わなくなってきたんです。

ベージュも自分の肌がくすんでいるので着なくなった色です。

今は紺色のほうが、自分の顔にしっくりなじみます。

自分の肌色に合った色味でワントーンのコーディネートをすれば、迷ったときは楽ですよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読んでいただいてありがうございます。

▼▼▼よかったらポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村